世界No.1のクラウド型CRM セールスフォース

01 なぜセールスフォースなのか

サーバーのハードウェアや
ソフトウェアの購入などの
初期投資不要!

サーバーのハードウェアやソフトウェアの購入などの初期投資不要!
パソコンやタブレット、インターネット環境があればすぐに利用できます。

スマホ・タブレットにも
対応!

インターネットを利用できる環境があれば、オフィスだけでなく、外出先や作業場、自宅などでもアクセス可能。
社内外を問わず、いつどこにいても必要な情報にアクセスできます。

リアルタイムに
すべての情報を共有!

顧客情報やすべてのやり取りをリアルタイムで一元管理しているので、顧客に対して素早く適切な対応が見込めます。

優れた分析・
レポート機能!

あらゆる部門のユーザーが自分の必要とする情報を、リアルタイムに収集・分析できます。

簡単にカスタマイズ
できます!

ノンプログラミングで、どなたでも基本的な業務アプリ構築が可能です。

高度なセキュリティ

銀行系、官公庁でも採用され、各種セキュリティ基準を満たしています。

圧倒的な導入事例

02 こんな悩みを抱えていませんか?

営業担当の動きが
把握できていない

お客様へのフォロー不足が原因で、せっかくのチャンスを逃してしまった事はないでしょうか。

前回いつ訪問したのか
わからない

すぐに商談化しづらいお客様を営業マンは後回しにしがちです。
「今は必要なくても、後で検討したい」というお客様は意外と多いものです。

営業ノウハウが属人化
しており、継承されない

情報共有や新人育成のためのプロセスが確立していないために、会社はいつまでもスーパー営業マンに頼る状態から脱出できません。

Excelでの顧客管理に
限界を感じている

顧客情報がバラバラで管理できていない。担当者に聞かないと顧客の情報が分からず、顧客情報の共有ができていない。営業マンの退職や異動時の引継ぎやフォローがうまくいかない。
一元管理し、情報共有できないでしょうか?

苦労して得た顧客情報を元に営業をかけても、
なかなか商談に至らない

毎日汗水流して1件1件お客様を訪問しても、商談まで至らないケースがほとんど…
もっと効率の良い方法はないのでしょうか?

マーケティングオートメーションツール「Pardot」で解決!

■ 新規顧客、どうやって獲得・情報提供していますか?

営業の名刺交換

営業担当者の机で眠ったままの大量の名刺

展示会やセミナーを
開催

経費と労力の割に商談に繋がらない

webからの
問い合わせ 資料請求

ひたすら待ち。
HP更新・改修しても増えない。

テレアポ ・メルマガ

読まれているのか、効果があるのかもわからない

■ 顧客の購買行動が変化

インターネットを通じて見込み客が自ら情報収集を行うことが容易に

顧客が営業担当者に問い合わせるまでにお客様の購買プロセスは60%進んでいる
2020年にはさらにこの比率は高まり85%を越える見込み

■ わざわざ営業担当者を呼んで情報収集する必要がない

顧客が求めているのは、メールやwebなどの効率的な方法で必要な情報を収集できること

必要な時に必要な情報を提供し続けることができる会社
=求められ続ける会社

しかし営業マンは「今すぐ案件」で手一杯。
半年後・1年後に案件化するかもしれない「そのうち案件」まで手が回らない。
せっかく集めた名刺やセミナーでの顧客情報も十分に活用されないまま。
機会損失

そんなお悩みをセールスフォースは解決します!